スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームベーカリーでシュトーレン

ドイツではクリスマスの伝統的な保存食として、シュトーレンというケーキを焼くそうですね。
私も3年前から自分で焼くようになりました。
パンとフルーツケーキの中間のような食べ物で、ドライフルーツやナッツ類をたくさん入れた、食べると腹持ちのいいお菓子ですw
バターとパウダーシュガーをまとったシュトーレン、寒い季節に温かい飲み物と一緒に食べるのは至福の瞬間です。

私はホームベーカリーの生地モードで基本の生地を作り、それにドライフルーツとナッツを混ぜこんでオーブンで焼きます。パン屋さんなどで最近は売っていますが、けっこうなお値段するんですよ。
自宅で美味しく作れるので、ぜひどうぞ!!

以下、レシピです。
小さめのシュトーレン3個ぶん

材料A
強力粉  280g
砂糖    60g
塩    小1
アーモンドプードル 30g
シナモン 小1/4

材料B
卵黄   1個(室温に戻す)
牛乳   150ml(人肌に温める)
ドライイースト 小1と1/2
バター   70g
バニラオイル

材料C
オレンジorレモンピール 15g
ドライチェリー 15g
ラムレーズン 100g
アーモンドスライス 40g
くるみ   40g(刻む)

材料D(仕上げ用)
ラム酒  大2
バター  30g
グラニュー糖 適量
粉砂糖  適量

作り方
ホームベーカリーなら、材料ABを入れてパン生地コースで生地を作り、材料投入
モードがあればその時にフルーツを入れる。生地を取り出してからナッツ類を混
ぜ込む。

すべて手作業の場合は…
材料Aをよく混ぜる。

材料Bの下準備は、卵を室温に、牛乳は40℃程度に温めておく。バターは溶かし
ておく。
卵黄、牛乳、少しのお湯で溶かしたイーストをよく混ぜ合わせ、バニラも入れる。
そこへ材料Aを入れて混ぜ、このときに溶かしバターを入れる。
粉っぽさがなくなるまでよくこねる。

伸ばせるくらいにこねた生地に、材料Cを混ぜ込む。
三等分して丸めてボウルに入れ、ラップをして30分、一次発酵させる。
(室温でも大丈夫でした)

オーブンの予熱 200℃にしておく

丸い生地のとじ目を上にして、たて20cmくらいに伸ばす。横にもすこし伸ばす。
四方を少し折りこみ、もう一度めん棒をかける。
手前が厚くなるようにしておく。
厚い部分が一番上になるように三つ折りにする。
(生地がベタベタなので手粉を多めに使うか、ラップで挟んでやると便利)

オーブンの天板にのせて200℃で25~30分

熱いうちにハケでラム酒と溶かしバターを塗り、グラニュー糖をまぶし、少し冷めてから
仕上げの粉砂糖をまぶす。
子供向けには、最後のラム酒を省けばOK。

【おわり】

作ってから一週間以上おくと、熟成して美味しくなるそうです。
ドライフルーツをぜんぶ買い集めるのが大変な場合は、製菓材料コーナーにある
ミックスドライフルーツ などが楽ですよw
でもラムレーズンは漬け込んだものをたっぷり、分量以上に入れてもいいくらい
入れると美味しいです。オレンジピールかレモンピールはどちらか入れると香り
が良くなります。去年は自作のレモンピールでした。
このレシピではスパイスがシナモンだけですが、他のレシピではいろいろ入れる
のもあるようです。
ドライフルーツやナッツ類はお好みで種類を増やしたり、増量したり…オリジナ
リティが出せるところだと思います。
どうぞすてきなシュトーレンを作って、クリスマスを楽しんで下さい。
スポンサーサイト

tag : シュトーレン クリスマス パーティーメニュー

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

机の上


ブログでブームはブロモーション

最近の記事
ここの住人

まえのめり

Author:まえのめり

ランキング参加

ポチッとお願いします。
FC2-15.gif
にほんブログ村 子育てブログへ

プレスブログ
最新音楽
カテゴリー
全記事リスト

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
お取り寄せ

自宅で手作り佃煮セットの店

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。