スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクドナルドが子供の病気をサポート

ドナルド・マクドナルド・ハウス
をご存知でしょうか。写真は世田谷にある、高度小児医療を行う病院のすぐそばに建てられた、子供を看病する家族のための滞在施設です。


アメリカでは1974年、二本では2001年にスタートしたこの施設は、病気で入院した子供を持つ家族をサポートする目的で建てられました。難病治療のために遠方から都市部の病院に通院したり、看病する家族の交通費やホテルなどへの滞在費は大きな負担になります。
マクドナルドでは、そうした家族に安価で滞在できる施設を提供することによって、病気の子供たちを支援しているんです。
今や国民食とも言えるまでに浸透しているマック(マクド)が、こんな社会貢献をしているって、まだ知らない人も多いかもしれません。
実はマクドナルドの注文カウンターにも募金箱があるんですよ。

私も3歳の子供がいますが、もし近所の病院で治療できない難病がみつかったり、大きな手術が必要なケガ(うちの場合はこっちのほうがすごく可能性が高そう…)をしたら、なんとしても完治できるように遠くの病院でも探して連れて行きたいと思うはず。そんなときには治療費がどうあれ、なりふりかまわず治療してやりたい、でも現実にお金はどうしよう…そんな心配が頭をよぎります。
子供を思う親の気持ちは、みんな同じです。
でも、経済状況は各家庭によってさまざま。
この不況のご時世に、毎回のように交通費をかけて病院に通うことができなかったり、ずっと父母が子供の病室のベンチで寝る、なんてことも、実際にあるんですよね。
病院の近くに、看病をする家族が泊まって、自炊ができるような施設があったら、とても力強い助けになりますね。
難病や大けがというのは他人事ではなく、もしかしたら自分や子供が明日にも直面するかもしれない問題ではないでしょうか。
少しずつのみんなの気持ち、募金やボランティアによって助け合えたら、本当にステキなことですね。
私も募金箱を見かけると、お釣りの小銭を入れたりしています。
ドナルド・マクドナルド・ハウスの存在を、もっと多くの人に知ってもらいたい。
そして、ハンバーガーを食べたら、ほんの少しお釣りの小銭を募金箱に入れてあげてくださいね!!

情報提供 プレスブログ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

机の上


ブログでブームはブロモーション

最近の記事
ここの住人

まえのめり

Author:まえのめり

ランキング参加

ポチッとお願いします。
FC2-15.gif
にほんブログ村 子育てブログへ

プレスブログ
最新音楽
カテゴリー
全記事リスト

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
お取り寄せ

自宅で手作り佃煮セットの店

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。